2010年12月29日

三宅島のメリークリスマス!

というわけで行ってきました、今年のクリスマスイベント

「三宅島のメリークリスマス!」

結論:三宅島最高。

そんな三宅島の魅力を余すところなくお伝えすべく、
本日記は写真たっぷりでお伝えしていきたいと思いまーす。
クリスマスを楽しめなかった人も、この日記でクリスマス気分を味わってNE!


--


【出航-船内】


上司に

「今宵、三宅島に向けて出航します!」

と力強く宣言し、定時に会社をエスケープ。

ギリギリまで仕事と闘うもの、スーツ姿で現れるもの、
元々ニートだったもの、なぜか自転車を担いで現れる植松など
思い思いの面子が22時前に竹芝桟橋に集合。

船内に入ると、早速用意したサンタ&トナカイの衣装を装着。
なお、自転車の持ち込みは無料でした。すげーな東海汽船!

1.jpg

何コレ超楽しい。

2.jpg

船からレインボーブリッジを見つめるトナカイ集団&サンタ。
シュールww


船内での評判も上場で、

「何かのイベント?」
「コンパニオンの方ですか?」
「芸やってよ、芸!」

など、早速色んな人に温かいツッコミを受ける。
サンタの芸って何?

0時にクリスマスの瞬間を迎え、就寝。
ちなみに船内は、思ったよりも人がいました。
みんな、何しに行くんだろうね??


【サントナゲーム開始】


朝5時、まだ真っ暗な三宅島に、サンタとトナカイの集団は降り立った。
送迎にきたホテルの人が一言。

「…すごい格好ですね」

そうですね。。

日が登るまで仮眠を取り、サントナゲームの準備開始。

3.jpg

旅とゲームのしおりをたまちゃん&茂原が作ってくれました。

逃亡する側のサンタチームをご紹介。

4.jpg

自転車サンタ:植松

三宅島まで自分の自転車を担いでやってきた残念なサンタ。
急勾配な道と海風との戦いが、いま、始まる!

5.jpg

バイクサンタ:栗田

なお、レンタバイク屋のおっちゃんはノリノリで

「その格好で乗るのか!いいねえ!」
「じゃあ、ヘルメットは赤いの探してやるよ!」

と非常に好意的でした。
しかしながら、

「あ、ガソリンが減ってるな。足しておくかー」

といいながらどこかに消え、ガソリンが満載された
大五郎のペットボトルを持ってくるあたり、次に火山が噴火したら
真っ先に吹き飛ぶのはこのバイク屋で間違いないと思います。(ガソリン引火的な意味で)


一方彼らを追うトナカイチームはこちら。

6.jpg

なんかすげー楽しそうなケモノたち。
ちなみにオトキタはこっちチームのドライバー。


12月25日朝10時、聖なる日の朝に
史上最強にアホらしい鬼ごっこが始まった!


-完- 〜オトキタ先生の次回作にご期待下さい〜


【観光】


ひとまず適当に逃げたサンタは置いておき、
観光に励むトナカイチーム。トナカイスーツの威力や恐ろしく

7.jpg

どんな場所に行っても場の空気がほっこりするという特性があります。

8.jpg

サタドー岬に、ポツポツと佇むトナカイたち。
ちなみにこの岬、観光地として未成熟すぎるため、
あっさり危険地帯や立ち入り禁止地区に迷い込めます。何このトラップ。

9.jpg

あれが火山だよ、パパ。


また、通常の観光地では出会えないものに遭遇したり、
見られないものを見られるのも三宅島の魅力であります。

10.jpg

火山ガスを測定するだけの、簡単なお仕事です。
※ただし、勤務地は三宅島に限る

11.jpg

火山の頂上付近に向かうと、こんな看板が立ちはだかります。

実は車なら無視して進むこともできるらしいのですが、
山頂付近の牧場跡の廃墟が怖すぎてマジ先に進む気が起きませんでした。

また、観光地に必ずある看板に

「ルールは守りましょう!」
・ゴミや吸殻は持ち帰りましょう
溶岩は持ち帰らないようにしましょう

と書いてあるのも、世界広しと言えど三宅島くらいではないでしょうか。
そんなわけで、三宅島の溶岩はお土産にできません。みんな気をつけろ!


風光明媚で楽しい観光地もあれば、
この島のつらい歴史がわかる痛々しいスポットもあったり。

12.jpg

溶岩で埋まってしまった神社。
かろうじて鳥居の頭だけ出ている光景は衝撃的。

13.jpg

14.jpg

1983年の大噴火で、半分以上埋まってしまった元4階建ての学校。
観光用の遊歩道からは、教室の中まで覗くことができます。

15.jpg

この溶岩の下に、村が丸々埋まっているのです。
信じられる?

こうしたスポットを巡っている時だけは、
クリスマス気分で浮かれていたトナカイも神妙になったものでした。


【で、サントナゲームは…】


こんな観光もしながら、ちゃん鬼ごっこもしてました。

ツイッターでサンタが位置情報や写真などをアップして
ヒントを与えながら逃げる本企画。圏外が多くて苦戦するも、
自転車サンタは昼前に急な坂道に苦戦しているところを見事に捕獲!


どうしても機動力の高いバイクサンタが捕獲できず、
ゲーム終了直前の夕方。サンタがアップした画像から、島内唯一の
温泉施設に潜伏している可能性が高いと踏んだ我々トナカイチーム。

温泉施設「ふるさとの湯」に車を入れ、
入り口付近で中の様子を伺っていると、受付の人がニコニコして一言。


サンタ、入ってますよ!


テラ親切ww
つーか、サンタ風呂入んなよ!入るなら煙突から入れよ!

で、入り口付近で待ち伏せし、

16.jpg

風呂上がりのサンタに激しくタックルをかまし、
見事御用と相成りました。めでたしめでたし!

このツイッターを使いながら、島全土を範囲にしてやる
サントナ(どろけい)は、意外と面白いし探し甲斐があります。
なんかの機会があればぜひやってみて下さい。なんかの機会?


【島民たちとのハートフル・コミュニケーション】


なお、本当にサンタとトナカイの格好は三宅島で大人気で、
島民たちの暖かさが身に染み狂いました。


道路沿いを歩いていると、わざわざ車を減速させて
満面の笑みで手を振ってくれるかなり高齢なおばあちゃん。


「おまえら、なぁんでそんな格好してるんだぁ?」
「今日、クリスマスなんで!」
「あぁ〜!(納得度120%)」

という素朴な会話をしてくるおじいちゃん。


「せっかくだから、写真撮ってよ」と持ちかけてきた

17.jpg

三宅高校の校長先生とそのご一行。


夜のレストランでは、普通(?)にご飯を食べていると
頼んだ覚えのないビールが運ばれてきて

あちらのお客様からです

という、ドラマでしか聞いたことがないセリフがw
サンタとトナカイ、マジでオイシイですww

18.jpg

ビールをおごってくれたファミリーの子供たちと。
ちなみにこのご家族は、昼にレンタバイクを借りた
バイク屋のおっちゃんファミリーでして、

「バイク借りてくれたらから、その御礼だよ!子供も喜んでるしな!」

と気前良くおごってくれたのですが、


レンタバイク1日:4500円
おごってくれたビール:生7杯とピッチャー一杯で6200円


そんな経営感覚で大丈夫か?


【最後までエンターテイメント】


夜、グダグダなツイキャス放送と酒盛りを終え、
スヤスヤと眠っていると。

荒れ狂う窓の外の風にまじり、部屋を激しくノックする音。
申し訳なさそうにホテルの従業員が入ってくるなり、こんな説明が。

「強風の影響で、14時発だった船が、朝6時発に変更になりました。
 この船に乗らないと、今日はもう本土に帰れません。お帰りを希望でしたら、
 5時半までに出発いただかないと行けませんが、どうなさいますか?」

現在時刻:4時45分

「激しくお帰りを希望します!」


というわけで、お土産も買えず、温泉にも入らず
慌ただしく(特に女性陣は大変…)三宅島を後にすることとなりました。

これはまた来いってことだな!三宅島はツンデレだぜっ!(違)


【おまけエピソード】


なぜか某杉山くんが26日午前指定で三宅島のホテルに
クリスマスプレゼント(差し入れ)を送ってくれていました。

が、上記アクシデントにより、杉山からのプレゼントが届いた時には
我々はすでに船上の人。

「ガンダムメガサイズ1/48 RX-78」

は、めでたく三宅島民の子供たちにプレゼントされました。
なんかもう、この人は神ですね。(凡ミスを引き起こす確率が)


--


そんなわけで、今年も誰よりもクリスマスを楽しませていただきました!
三宅島は本当に良いところだったのですが、一番印象に残ったのは
やはり島民の方々の暖かい反応ですね。

特にとある島民のおばちゃんから

「三宅島にはサンタがいないからね、本当にありがとうね」
「みんな喜ぶから、また来年も来てね!」

なんて言われた時には、毎年自己満足で行っている企画が
初めて人の役にたったのだとある種感動すら覚えました。
え、勘違い?!


いやはや、準備も大変だし、いつまでこんな馬鹿を一緒にやってくれる
仲間がいるかわからないけど、やっぱり特別な日に特別なことをやるのは楽しいものです。

バイトや仕事なんて寂しいことを言ってないで、
ちょっと踏み出せば簡単に非日常に飛び出せる、それがクリスマス。
来年も、元気に馬鹿なことができるといいなぁ…と願いつつ、


Merry Christmas & Happy New Year!







彼女欲しいなぁ(本音)
posted by おときたしゅん。 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。