2011年06月07日

意外と偽善者ではないのかもしれない

1.JPG

なんか最近ボランティア関係の日記ばっか書いてて

「オマエは他に何もしてないのか?」

と思われそうな気がしなくもないのですが、
週末の記録も日記につけておきます。えーい


【ボランティアツアーの主催】


6月3日夜出発で、1泊3日のマッドバスターズ(泥かき)ツアーを主催してみました。
これがまた、やってみたら


超 大 変 


よく東京都や大手のボラ団体がやってるツアーで
「定員は40名、定員なり次第終了」とか書いてあるのを見て

「は?300人くらいバシっと連れていけやヴォケが」

と思わなくもなかったのですが、
うん、ごめん。そりゃ無理だ(断言)。


今回我々は30名超で石巻市に入ったんですけど、
インフラや治安もはっきりとしない被災地が目的地で、
初対面も含めた30名のメンバーを取りまとめる難易度といったら!

いくら「ボランティア活動は自己責任」と免責事項でうたっていても、
主催者として無事故で済ませることはある意味義務ですし、
「また支援に来よう!」と思ってもらわなければ負けだし。


まあ、事前のリサーチ不足という面も否めませんでしたが、
ありとあらゆる旅行やイベントの幹事業務の中で
ぶっちぎりでキツイ貴重な経験となりました。

あんまり書くと愚痴っぽくなるのでやめますけど(苦笑)
色々勉強になったなー。バス手配から行動計画、現地NPOとの連携まで。
類似企画をやりたい方、相談乗れますよw


すんげー大変だったけど、

「貴重な経験になりました」
「また必ず来ようと思います!」
「次回のマッドバスターズツアーは僕が主催したい!」

という参加者の皆さまの声は本当に嬉しかったです。
行動のきっかけを作って、支援の輪を広げることが目的だったので。

改めて参加者みなさま、そして運営を手伝ってくれた皆々様、
本当にありがとうございました!


【Fly-Panda活動報告@仙台長町】


最終日の6月5日(日)は、マッドバスターズ本隊と離れて、
Fly-Pandaのメンバーは本業(?)のかすてら作成へ。

今回は仙台の長町というところで、仮設住宅で避難生活をしている
住民の方々を対象としたチャリティーイベントに招いていただきました。

2.JPG

色んなものがパワーアップ。
パンダのロゴやキャラクターもできたよ。

3.JPG

4.JPG

想像以上に子ども受けがよく、
たくさんの子どもたちが手伝ってくれました!

5.JPG

そしてこの注目度の中で…

6.JPG

オープン!

7.JPG

今回のかすてらは、過去最高の出来具合。
フツーにふっくら膨らんだし、何より見た目がいい!
なんか、お店とかで見たことあるよこういうかすてら!


何か悪いことが起こるんじゃない?
ってくらい終始うまく行ったイベントでした。

再認識したのが、「巨大かすてら」というコンテンツ力の高さ。
来場者に喜んでもらえたのはもちろん、その場にきていた現地NPOや
被災地の学校関係の方から

「どういう条件を満たせばやってくれるのか?」
「うちにも来てやってくれないか?」

と、本当に沢山のお問い合わせを受け、
一気に夏場までの予定が埋まりつつあるという嬉しい悲鳴状態。


そんな我々Fly-Panda、公式HPや
フェイスブックのファンページができつつあります。

まだ皆さまに協賛をお願いする段階に至ってないのですが(色々と苦戦中…)、
こちらも随時アップデートしていきますので、
お気に入りなどにご登録いただけると幸いです。

公式HP
http://fly-panda.org/
フェイスブック
http://www.facebook.com/FlyPanda.jp
mixi
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5645797


--


長くなってますが、タイトルに戻り。

最近、ちょっとモヤモヤしてたのですよ。
ボランティア活動、支援活動への関わり方についてというか。


最初に南三陸町に行ってから二ヶ月以上。被災地支援を続けようと決意してから、
そりゃあもう色んなトラブルを引き起こしました(苦笑)。
沢山の人と衝突して、いさかい起こして、謝って。

こんなことしてて、被災地の役に立ってんのかなーとか。
周りの冷静な大人たちみたく、目の前にあること、自分にできることを
やっていた方が結果的にいいんじゃないかなーとか。

そのたびに「いやこれは、自分のためにやってるんだ」とか言い訳つけて、
無理に自分を奮い立たせてたような気もするわけね。


んで今回、3回目となる現地入りを通じて、

「ああ俺これ、人のためになるのが嬉しいんだな」

ってことに確信が持てたような気がするんですよ。
これまでの人生で僕、

「目の前で困っている人がいます。助けますか?」

って問いに無条件でYesって答える人じゃなかったと思うんですよ。
何か理由付けを探してからじゃないと手を差し出さない、的な。
というかそもそも、他人にあんまり興味がないし。←


そんな人間が、無償どころか今のところ持ちだしが多い
支援活動を継続できて、終わったらすぐ「次はどうしようか」って考えている。
これはもう、単純に「(他人のためになることが)好きでやってる」としか思えません。

自分が世のため人のためになることに快感を見出すようになるとは…
(いや結局、快感のためにやるんだったら自分のためなのかもしらんけど)


というわけで、被災地支援活動を通じて何より変わってきているのは
自分自身なのかもしれないな、と思った連休なのでした。
なんか中2っぽくてスマソ。

そんじゃーね!(ちきりん風)
posted by おときたしゅん。 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。