2011年10月10日

【中編@】ミャンマー旅行記 -雨の2日目-

【2日目 マンダレー】


駅からまだ暗いマンダレーの街に降り立つ。
明るくなる前に知らない街を徘徊するのは得策ではないと考え、
地球の歩き方にも載っていた駅前のホテルに即決してログイン。


午前中は朝食を食べながら街の目貫通りを散策したり、
栗田が気まぐれで市場で地元の人が買うようなマンゴーを買ったり、
そのマンゴーを表皮ごとかぶりついて食べたりしていた。

この迂闊な行動が後に彼を悲劇のヒーローへと昇格させるのだが、
食べ物に人一倍気を使い、歯磨きまでミネラルウォーターでしていた彼が
どうしてこんな奇行に走ったのかは、いまだに定かではない。


昼前に突然の雨が降り始め、

「あー、雨季だからな。まあ、アジアのスコールはすぐに止むでしょ」

と思って余裕で雨宿りをしていたが、
待てど暮らせど雨脚が弱まる気配がない。

仕方なく一度ホテルに戻り、昼寝をして天候の回復を待っていたのだが、
午後になってようやく外に出れるくらいの小雨になり外に出ると、
マンダレーの街はあっさりと水没していました。

7.jpg

8.jpg

み、道がない…。

これにより午後の行動が著しく制限され、
下水というインフラがいかに大事がを思い知る。

翌日の交通手段の確保をしたりなんだりしてたら
早くも夕暮れ時になってきたので、この街一番(唯一?)の観光スポットである
「マンダレーヒル」へ。その名の通り、丘の上に仏教の施設が色々あったりします。

9.jpg

高い建物がないので、景色は良い。
有名なサンセットポイントなのだが、夕日は見えず…。

10.jpg

11.jpg

仏像などにとんと興味はないあたくしですが、
頂上付近はアニマル天国だったので犬やネコと戯れたり、

12.jpg

思わずこんなものを買ってみました。
ミャンマーに分布する少数民族の女性たちの図。
どれが一番美人かしら?僕はモン族を推します!(キリッ)


そうこうしているうちに、流暢な英語と怪しいフランス語をあやつる
現地の少女、Keiちゃんに絡まれる。

最初は「物売りか?!その手には食わんぞっ!」と警戒したものの、
形式的に商売はしているもののまったく押し売りする気配はなく、
親切で可愛いお嬢ちゃんでした。

頬に「タナカ」で可愛い模様を書いており、
興味を示したところ僕ら全員にもペイントしていくれることに。


※タナカ

ミャンマーでもっともポピュラーな化粧(日焼け止め)。
ミャンマーの女性はおしゃれ&日焼け止めのため、
ほぼ100%この肌色のクリーム(?)を頬に塗っている。

ちなみに日本人の苗字である「田中」とは関係ない。
残念。

13.jpg

14.jpg

真剣な表情でペイントに挑むKeiちゃん。

15.jpg

私的に今回の旅行で一番好きな写真がこれ。

16.jpg

こうなりました。


流暢な英語で色々とマンダレーのことを教えてくれたKeiちゃんと
丘のふもとで一緒に晩御飯。

17.jpg

Keiちゃんを始め、ミャンマーの人々は
本当に親切で気持ちの良い人たちばかりでした。

18.jpg

ありがとう!

この日はホテルの近くでもう一杯飲んでから就寝。
そしてこれが、元気な栗田を見た最後の夜だったのでした。

3日目に続くー。
posted by おときたしゅん。 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ミャンマー旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。