2011年10月11日

【後編】ミャンマー旅行記 -バイバイ、ビルマ-

【4、5日目 パガン〜ヤンゴン】


パガンの朝。
地元の薬を処方した栗田が、超回復をっ!

29.jpg

見せなかった。

この日の夕方に、長距離バスでパガン〜ヤンゴンに移動予定だが、
流石にこのままの状態で長時間移動はヤヴァイだろうと病院に搬送することに。


ホテルの人に相談し、地元の病院を予約してもらい、車で病院へ。
街中にひょこっとある何の気のない民家から、ちょび髭の
いかにも怪しいドクターが登場。

とりあえず診察室に栗田をぶち込み待合室で待っていると、

「オトキタさーん、英語がわかりませーん

という情けない栗田の悲痛な叫び声が。。

仕方ない、俺様が助けてやろう!
と診察室に颯爽とログインし、イギリスに留学していたという
ドクターの英語を拝聴するも、これがまったくわからない(死)。


「エィンファクション、エインファクション!」
「エンティヴォルス!エンティヴォルス!」

???


どうしようもないので電子辞書を取り出して
単語を打ち込んでもらうと、

「infection(伝染病)」
「anti-virus(アンチウィルス)」

でした。
発音おかしいだろjk…


要は伝染病にかかったらしく、
ウィルスを除去する薬を処方するぜ、ということだったらしい。

それ以上詳しく聞いても無駄だと悟った我々は、
薬と領収書をGetしてとっととホテルに戻り
伝染病患者の栗田をホテルの一室に隔離した。←


ヤンゴンへは夕方発の夜行バスで出発予定だったので、
俺と植松さんは再びレンタサイクルでパガンを観光。

午前中はまたもずっと雨で閉じ込められたものの、
見逃した細かいパゴダたちを写真に納め、日本人慰霊碑などをお参り。


そして夕方出発の夜行バスでパガン〜ヤンゴンへ移動。
医者の薬パワーもあってか栗田も多少の回復をしたらしく、
◯◯◯を漏らすことなく早朝にヤンゴンに到着した。


得てして首都というのはあまり見るものがないのだが、
残りの1日でミャンマー最大の聖地

「シュレタゴンパヤー」

を観光したり。

30.jpg

31.jpg

32.jpg

ここは観光地化しながらもまだ「聖地」として
宗教機能を残している珍しい寺院で、植松さんがやたらと感銘を受けてました。

あと午後に「ミャンマー民俗村」なる施設に遠出してみたけど、
ここにある少数民族文化はだいたい全部パチモンだったと思います。

33.jpg

実際モン族の村にホームステイ(?)してた俺が言うのだから間違いない!


そんなこんなで、あっという間に最終日も夜になり。
外国の首都で、最後の夜にやることと言ったら…


盛り場の現調(現場調査、現地調査)でしょうっ!


共産主義国家だろうが軍政国家だろうが、
いかがわしいプレイスポットの一つや二つは必ずあるもの。
そういうところにこそ「国の文化」ってやつが詰まっているのではないだろうか?!

という詭弁も満載に、あっさりと日和ってホテルで留守番を選択した
植松さんと栗田を置き去りにして、ヤンゴンの闇に颯爽と消える俺。


単騎突入したヤンゴンのディスコ(色んな意味で変わったディスコ)では…

流暢な英語をしゃべるインド人とパキスタン人のハーフの娘をナンパして失敗したり。
中国人の多さと「最近、日本人が減った」という話しに国力低下を感じたり。

でも明らかにお金が唸ってます風の商社のオッサン(日本人)が
両脇に女の子をはべらしてるのを見てなんとなく安心したり。
黒服の兄ちゃんにアレやコレのミャンマー裏話を聞いてみたり。


ショーを見たりフリータイムにフロアで踊ったりしながら、
ウイスキー飲んで酔っ払ってたらあっという間に閉店の0時。

「女の子はいらんのか?一晩たったの3万チャット(4000円くらい)だぞ?」

という黒服の薦めを断ってホテルに帰還。
お部屋に帰ると、植松さんと栗田くんは気持ちよさそうに寝ていました。


そんなこんなで、あっという間にミャンマーでの5日間が過ぎ…。


朝一番の便で空港を出発、バンコクに8時間だけ立ち寄った後に
現実と仕事がたっぷりと待つ日本への帰国の途に着いたのでした。


--


(総評)

「なんでミャンマー?」「何しに行ったの?」

というのは行く前も行った後も良く聞かれましたが(苦笑)、
総じてミャンマーは非常に良い国でした!

そもそもミャンマーに行くきっかけになったのは
僕の場合『辺境ライター』と言われる高野秀行さんの本がきっかけで。


「ビルマ・アヘン王国滞在記」
「西南シルクロードは密林に消える」
「ミャンマーの柳生一族」


あたりを読み、日本のすぐ近くに歴史的に関わりがこんなにも深く、
民族的な対立や環境が中東よりも複雑怪奇な国があるなんて!
…と衝撃を受けたことが、今回の目的地チョイスにつながっていました。

結果は、大正解。

有名な観光地や綺麗なリゾート地があることも大切ですが
僕のような貧乏旅行をする場合に何よりも大切なのは、やっぱり人。

行った人は誰もが口にするように、ミャンマーの人々は本当に笑顔が気持ちいい、
親切で正直な人ばかりでした。ぼったくりも(ほぼ)なかったし。


タイなんかはすっかり観光客慣れしていて、タイ語で挨拶しても
ニコリともしない人たちばっかりだけれど、ミャンマーでは
頑張ってビルマ語で挨拶をすれば抜群の笑顔を返してくれます。

ビルマ語はとっつきにくいので、「こんにちは」や「ありがとう」すら
観光客はめんどくさがって覚えないらしく、それゆえそれを口にすれば
ディスコにいた強面のお兄ちゃんすら笑顔になるくらいでした(笑)。


「ミンガラーバー!(こんにちは!)」
「チェーズーティンバーデー!(ありがとうございます!)」


この2つをスラっと言えるようになるだけで
三日間もかかったけれど、たぶん一生忘れない言葉でしょう。


一方、平和そうに見える人々と街並みの裏で。


この国はまだ完全な民主国家ではなく、闇レートが横行し、
インターネットの接続もあからさまに制限されている。
街中に政府のスパイがいるなんて噂もある。人々だって決して豊かじゃない。


うーん、複雑。。
それゆえに、不思議な魅力のある国です。


やはり一度行った国は身近に感じるもので、
最近では新聞の国際面でもミャンマーのニュースが気になる日々。
バングラデシュに続く次代の生産拠点としても、注目を集めるミャンマー。

日本からたったの8時間、時差もわずか2.5時間。
いずれまた、必ず行ってみたい国の一つになったのでした。

ほとんどの人には馴染みはないと思いますが、
少しでも気になった方はぜひ上記の本をお読みいただくか、
何かの機会に足を運んでみていただければ幸いです。

ねえ、栗田くん?!

19.jpg

(完)
posted by おときたしゅん。 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ミャンマー旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【中編A】ミャンマー旅行記 -栗田の3日目-

【3日目 マンダレー〜パガン】


ミャンマー随一の観光名所、パガン遺跡に向かうため
まだ暗い朝5時にホテルを出る。出発前、栗田が

「は、腹がっ…!」

ミスター・サタンの物真似をしていたが、
気にせず出発することにした。←


バスターミナルへ向かうために何の気なしにホテルの前にいた
バイクタクシーに乗ってしまったのだが、これが大失敗。

「あ、やばい今雨季だ。バイクでスコールきたらマズイなぁ…」

と思った瞬間、大粒の雨が。
そして、人生で味わったことがないほどの超スコールにレイプされる3人。
つーか、早朝からスコールなんてアリかよ?!


前がまったく見えないわ、顔面どころか体中は痛いわ、
運ちゃんはそれでもスピードを落とさずに果敢に走るわ、
バイクは3人バラバラだから途中で止まるわけにも行かないわで、

本気で死ぬんじゃないかと思いました…。

命からがらバスターミナルに到着したときには
パンツまでぐしょぐしょ。バックパックも完全浸水。
携帯電話とipodがなんとか生き残っていたのが救い。


身体の芯まで冷え切り、着替えも濡れている状況で、
朝から体調不良を訴えていた栗田さんが完全にお逝きになる。
そんな彼に畳み掛けるように

「東南アジア名物、エアコンが効き過ぎたバス車内」

が襲いかかる。
休憩でバスが止まる度に、腹を抱えて飛び出していく栗田氏を横目に、


「明日は我が身なのではないだろうか」
「でも彼はマンゴーを生で食べたのが悪いんじゃないか」
「そもそもなぜ、彼は突然市場でマンゴーを食べたのか…」


などの想いを募らせた。
一方、植松さんはピンピンして寝ていた。


6時間後の午後2時、バスは無事パガンに到着したが、
便意との闘いに終始した栗田さんのHPはどうみても既に0だった。

彼のためにパガンでも最高級のホテルにチェックインし、
彼の亡骸をベッドに安置する。栗田信行、享年26歳。

19.jpg

しばし喪に服した我々は、彼の分までパガンをこの目に焼き付けようと
早速レンタサイクルを手配してパガンを駆け抜けることにした。

パガンは世界三大仏教遺跡と呼ばれる遺跡群のある地域で、
アンコールワットやボロブドゥールに比べると著しく知名度こそ低いが、
広大な敷地に無数のパゴダ(仏教遺跡)が並ぶ景色はなかなか壮観である。

20.jpg

21.jpg

自転車で回るのも一苦労…ですが、
一番どんつきまで行くとそこにはミャンマー随一の大河、
エーヤワディー川がキラキラと輝いています。

22.jpg

川幅もガンジス川に負けないくらい広く、なかなか幻想的。

23.jpg

川のそばにそびえ立つパゴダ。
雰囲気◎。

あまりにも川の雰囲気が気に入ってしまったので、
ひとりずつ川との2ショット写真を納めておくことにしました。

エーヤワディー川と…

24.jpg

植松!

25.jpg

オトキタ!





26.jpg

栗田!


いやぁ、いい記念写真が撮れたね。
僕には確かに、栗田くんのピースサインが見える気がするよ…

(その頃の栗田)

19.jpg

パガンの半日を漫喫した後、
夕食はガイドブックに載っていた雰囲気の良いお店で
マンダレービール片手に川エビの入ったカレーでしたづつみを打つ。

27.jpg

ここのカレーがミャンマーで食べた中で一番美味しかった。
東京からわざわざ足を運んだ甲斐があったね!パガン最高!

一方、ホテルに戻ると栗田は

28.jpg

相変わらずの状態でした。
(ちょっと動いた?)


「こういう症状には、地元の薬が一番効く!」

という植松さんの言質を信じ、買ってきた下痢止めを処方。
栗田の超回復を祈り、パガンでの初日は幕を閉じたのでした。

次回でラスト!
posted by おときたしゅん。 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミャンマー旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

【中編@】ミャンマー旅行記 -雨の2日目-

【2日目 マンダレー】


駅からまだ暗いマンダレーの街に降り立つ。
明るくなる前に知らない街を徘徊するのは得策ではないと考え、
地球の歩き方にも載っていた駅前のホテルに即決してログイン。


午前中は朝食を食べながら街の目貫通りを散策したり、
栗田が気まぐれで市場で地元の人が買うようなマンゴーを買ったり、
そのマンゴーを表皮ごとかぶりついて食べたりしていた。

この迂闊な行動が後に彼を悲劇のヒーローへと昇格させるのだが、
食べ物に人一倍気を使い、歯磨きまでミネラルウォーターでしていた彼が
どうしてこんな奇行に走ったのかは、いまだに定かではない。


昼前に突然の雨が降り始め、

「あー、雨季だからな。まあ、アジアのスコールはすぐに止むでしょ」

と思って余裕で雨宿りをしていたが、
待てど暮らせど雨脚が弱まる気配がない。

仕方なく一度ホテルに戻り、昼寝をして天候の回復を待っていたのだが、
午後になってようやく外に出れるくらいの小雨になり外に出ると、
マンダレーの街はあっさりと水没していました。

7.jpg

8.jpg

み、道がない…。

これにより午後の行動が著しく制限され、
下水というインフラがいかに大事がを思い知る。

翌日の交通手段の確保をしたりなんだりしてたら
早くも夕暮れ時になってきたので、この街一番(唯一?)の観光スポットである
「マンダレーヒル」へ。その名の通り、丘の上に仏教の施設が色々あったりします。

9.jpg

高い建物がないので、景色は良い。
有名なサンセットポイントなのだが、夕日は見えず…。

10.jpg

11.jpg

仏像などにとんと興味はないあたくしですが、
頂上付近はアニマル天国だったので犬やネコと戯れたり、

12.jpg

思わずこんなものを買ってみました。
ミャンマーに分布する少数民族の女性たちの図。
どれが一番美人かしら?僕はモン族を推します!(キリッ)


そうこうしているうちに、流暢な英語と怪しいフランス語をあやつる
現地の少女、Keiちゃんに絡まれる。

最初は「物売りか?!その手には食わんぞっ!」と警戒したものの、
形式的に商売はしているもののまったく押し売りする気配はなく、
親切で可愛いお嬢ちゃんでした。

頬に「タナカ」で可愛い模様を書いており、
興味を示したところ僕ら全員にもペイントしていくれることに。


※タナカ

ミャンマーでもっともポピュラーな化粧(日焼け止め)。
ミャンマーの女性はおしゃれ&日焼け止めのため、
ほぼ100%この肌色のクリーム(?)を頬に塗っている。

ちなみに日本人の苗字である「田中」とは関係ない。
残念。

13.jpg

14.jpg

真剣な表情でペイントに挑むKeiちゃん。

15.jpg

私的に今回の旅行で一番好きな写真がこれ。

16.jpg

こうなりました。


流暢な英語で色々とマンダレーのことを教えてくれたKeiちゃんと
丘のふもとで一緒に晩御飯。

17.jpg

Keiちゃんを始め、ミャンマーの人々は
本当に親切で気持ちの良い人たちばかりでした。

18.jpg

ありがとう!

この日はホテルの近くでもう一杯飲んでから就寝。
そしてこれが、元気な栗田を見た最後の夜だったのでした。

3日目に続くー。
posted by おときたしゅん。 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ミャンマー旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【前編】ミャンマー旅行記 -揺れる初日-

矢のように毎日が過ぎ去っているからこそ、
そこにあった一瞬を少しでも閉じ込めておくために
人は文章で記録を残しておくのです。

最近Facebookをアクティブ化したおかげで
ほんっとに日記を書くのが億劫になったきたのですが(ヤヴァイ)、
8月終わりに行ったミャンマー旅行記を無理やりにでもまとめてみせるっ!


--


8月24日(だっけ?)、夏も終わりに差し掛かる最終週。
僕は奇跡的に夏休みを同時に取得できた大学時代の友人(後輩)2人と、
ミャンマーに向かうために羽田空港に向かった。


《今回の道連れ》

・植松さん

地理マニア。スリランカやイエメンなどマイナー国家への海外旅行を繰り返しており、
大学時代は上海からバンコクまで2ヶ月間かけて自転車で横断(!)したことも。

身長185cm超とガタイも良いので頼り甲斐抜群、かと思いきや
モロッコであっさり首絞め強盗にあって貴重品を奪われるなどの確かな実績を残す。

・栗田くん

ITマニア兼ネトゲマニア兼盗撮マニアであるという逸材。
初めての海外旅行がインドで2回目が今回のミャンマーという
いろんな意味で方向を間違ってしまった人。その潜在能力を今回も存分に魅せつける。



【初日:羽田-バンコク-ヤンゴン-寝台列車】


ミャンマーへは直行便が出ていないので、バンコクでトランジット。
バンコクへは羽田便が出ているので実に便利。

1.jpg

乗り換えの合間にも「ブラウザ三国志(ネトゲの一種)」を欠かさない栗田くん。


夜に羽田を出発し、羽田〜バンコク間が5時間半、
乗り換えでちょい待ってバンコク〜ヤンゴンが2時間くらいで
比較的あっという間に午前のヤンゴン空港に到着。

さて、現地に着いたら早速両替を…と思うのだが、
ここからが軍政国家ミャンマーのクオリティ。


(ガイドブック要約)

「政府発表の公定レートはゴミ。ほぼ機能しておらず、闇両替しないと生きていけない」
「空港では闇両替できないので、とりあえずドルを使ってタクシーで市街に行け」
「マーケットに行って、観光客がそれっぽく歩いていれば闇両替できる


…なんか不安しかないのだが、とりあえず最悪でもドルは使えるし、
大体こういうのは行ってしまえばなんとかなるもの。ガイドブックに書いてる
「ホージョーアウンサンマーケット」でタクシーから降りる。

2.jpg

大体、東南アジアではこんな格好でウロウロしていますアタクシ。


バックパックかついで明らかに外人オーラを出していたら、
歩いて1分でカタコトの日本語をあやつる闇両替屋の兄ちゃんに捕まりました←

色々迷ったけど、たいしてどこも相場は変わらんだろーと思い両替。

3.jpg

ミャンマーの通貨は「チャット(発音は『チャ』)」というのだが、
インフレが進んでいるらしく100ドル両替すると70000チャットとかになり、
事実上の最高紙幣1000チャットなので分厚い札束を持ち歩くハメに…。

最終日に戻ってくるヤンゴンの観光は後に回し、
この日は午後の列車でとっとと北部にあるミャンマー第二の都市、
「マンダレー」へ15時間くらいかけて移動。


ちなみに東南アジアの国ではどこもそうなのだが、
鉄道のチケットを買おうとすると大体客引きが邪魔をする。

「バスのが安い」「飛行機を使え」「俺のタクシーで送ってやる」etc..

なお、別に客引きたちが嘘をついてるわけではなく、
ほとんどの場合バスのが早いし安いし便数も多くて便利だったりする。
列車に乗るのはほぼ趣味の領域だと言ってもよい。


こういう時は理屈で話しても無駄なので無視するのも手だが、
僕が数々の東南アジア旅行で身につけた最強の撃退ワードを紹介しよう!


I love TRAIN!


そう、愛は偉大。
愛の前には、利便性やコストなど吹き飛ぶのだ。
この言葉で、たいていの客引きは苦笑いして去っていく(インドの場合を除く)。

このワードの汎用性は高く、
歩きたいのにタクシーに付きまとわれた場合や、
しつこく行きたいホテルと別のホテルを薦められる場合にも

「I love walking!」「I love that hotel!」

などと応用できます。
さらに脱線して話しを続けると、
客引きやタクシー運転手にしつこく買春を薦められたときには


「I am gay.」
(訳:や ら な い か ?


と答えると高い確率で会話を終わらせることができますが、
まれに盛った客引きや運転手(♂)に肉体関係を迫られることがあるので注意が必要です。

と、僕の友人が言っていました。


…さて、そんな苦労をしてまで乗り込んだミャンマー列車。
40ドルというミャンマーでは破格の大金を外国人料金で支払い、
最高クラスの寝台シートを予約。いやもうその乗り心地たるや天にも昇r


最 悪 。


インドの列車以下のモノがこの世に存在するとは…

4.jpg

写真では伝わらないけど、まず超ボロい。
雨漏りがすごい。湿気がヤヴァイ。

ガイドブックには

「電車とは思えぬほどの縦揺れ、横揺れを体感して欲しい」

とゆー呑気なことが書いてありましたが、
なんでレールの上を走るのに縦とか横に揺れるですか?!
こんなの絶対おかしいよ


そんなわけで読書すらできず、
音がうるさすぎて隣の人と話すのも一苦労。

5.jpg

飲酒

会話

諦める

読書

諦める

飲酒

就寝


をひたすら繰り返し、どこでも寝れる人間であることに感謝しながら
なんとか15時間の行程を消化し、列車は夜明けのマンダレーに滑りこんだとさ。

6.jpg

雑然と生活の場所になっているところも、
なんとなくインドを思わせるのでした。

2日目に続く!かも。
posted by おときたしゅん。 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ミャンマー旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。