2008年04月15日

下駄っぱーず誕生 -Original Story-

30111169_229.jpg 30111169_184.jpg 30111169_150.jpg

2004年9月20日 地球感謝祭

諸君らは覚えているだろうか。

「下駄っぷ」が初めて舞ったことを。
「下駄っぱーず」が誕生した瞬間を。


すべてには始まりがある。
すべてには物語りがある。


とゆーことで突然ですが、おそらく誰も見ていないこのスペースで、
「初代(元祖)下駄っぷ」誕生までのノンフィクションエッセイでも連載しようと思います。
うわぁい暇人。

飲み会だといつも騒いでばかりで、
まじめな思い出話なんざしないからね。。


【注意点】

・記憶は曖昧です。よって、時系列は特に適当です。
・元祖のメンバー以外は当然出てきません。ごめんなさい。
・連載中の写真は2004年当時のものを掲載。無論俺中心。
・僕の記憶のため、僕が美化されています。
・僕が自分好きのため、僕が美化されています。


全5回の予定。
途中で突っ込み訂正意見なんでもござれだ。
むしろ誰かサイドストーリーを書け!

というわけで、思い出の旅にいざ出発。
We were..



-第一夜-

2004年、初夏

気だるくて、暑くて、熱くて、
愛しくて、忘れられない日々に捧ぐ


早稲田大学キャンパス、二十歳の夏。

学園祭運営組織「早稲田祭運営スタッフ」
企画局に所属していた俺は、幹事代の学年として

企画に会議に新人育成、果てはビラ撒きに立て看板作りと、
思い返しても忙しない毎日を送っていた。


「日本一の祭りを創る」
「早稲田が日本一であることを証明する」


そんな想いを具現化するために、
最も精力的に活動すべき幹事代。

だが俺は実のところ、当時かなり冷めた感情を抱え、
鬱屈とした日々を送っていた。


副代表選挙の落選。
続く役員指名でも、まさかの役員落ち。


期せずして転がり込んできた企画局副局長の仕事と
新人隊長として1年生との交流はそれなりに楽しかった。

だがそれ以上に、役員会の保守的な方針、
優柔不断な当時の代表への不満は溜まる一方だった。


「なんであいつらが俺の上なんだ!
 なんであんなつまらない決定が通るんだ!」


祭りが、したい。「すっげぇ面白いこと」がしたい。
熱さが、熱気が、熱量が足りない。

そんな悶々とした毎日を過ごしていた自分に、
丸顔の少女が尋ねてきたのはいつだっただろうか。


「下駄でタップダンスがしたいんです!」


確か、例年まったく盛り上がらない地域祭

『地球感謝祭』

を盛り上げるコンテンツを考えているときだったように思う。


『Get up!(下駄っぷ!)』


と題されたそのネーミングのセンスと、
キラキラした少女の表情を見てまず

「面白そうだな」

と思い、また

「やらせてあげたいな」

と考えたことを覚えている。


というのも、企画局1年生が中心に考えた企画、

『早稲田祭初日パレード』

が役員会の決定によって、…悪い言い方をすれば…、
「潰された」直後だったからだ。『Get up!(下駄っぷ)』は本来、
その初日パレード内のコンテンツだったはずである。


未熟なりに考え抜いた企画を無碍に却下された直後、
彼らの落ち込み方は肌で感じていた。

彼らの企画を守れなかった自分の贖罪も兼ねて、
この企画を押したいと直感したのだ。


なにより、一度や二度提案を却下されても、
めげずくじけずキラキラした表情でまた新たに

「すっげぇ面白いこと」

をしようとしている少女に
自分に足りない熱さを、熱気を、熱量を見たのかもしれない。
その少女の名前は、原田恭子と言った。


「…面白いんじゃない。役員会に通しておくよ」


多くは語らず、事実深く考えず、
俺は2つ返事でその提案を受け取った。


しかし、ただ単純に「すっげぇ面白いこと」をするのに、
周囲は、組織は、「祭」でさえ、予想外に冷めた反応をすること。

それを当時の俺は知る由も、
なかったわけじゃなく実はヤバイと薄々思っていた。



−第二夜−

《早稲田祭運営スタッフ役員会》

国連を隠れ蓑に太古より世界を裏から操っていると云われる秘密結社。
使徒に関する予言が書かれていると推測される「裏死海文書」を所持し、
それを元に作成した遠大なシナリオに沿って行動している。

意志決定会議に参加するメンバーは12人であり、
その首魁は人類補完委員会議長でもあるキール・ローレンツ。
その会議はホログラムを介してサウンドオンリーで行われる。


以上すべて嘘。
ていうかゼーレ(from エヴァンゲリヲン)。


【正】

早稲田祭運営スタッフの意思決定を司る最高機関である。
代表副代表及び各局の局長で構成され、副局長には代理出席が認められる。
また、アジェンダの提案があるものも、一定時間の出席が許される。


個人的な感情を抜きにしても、2004年の役員会は
レベルの高いものではなかった。ていうかぶっちゃけ終わってた。

女子プロレスラーのような屈強な代表は
外見とは裏腹にヘタレた意見を出しまくり、三々五々まとまらない議論。
そして

「ペットボトルのフタより器とち○こが小さい男」

の異名を持つN副代表の議長っぷりたるや、


議長「つまりまとめると…(クドクド)
   結論としては…(云々かんぬん)」

ぉーぃ


ドリフのコントの如く果てしなく続く会議。
そして当たり障りのない保守的な結論。
まるでどこぞの国の国会のようだ…

時おり代理出席を頼まれたときは、苦痛な時間として
嫌々ながら会議室に向かったことを鮮明に覚えている。
某参加団体局長は、大体会議中パソコンでドラクエをやっていた。もはや。


「下駄っぷ」の提案をすべく企画書を抱えていったその日も、
また頭の固い連中に何を言われるやら・・・と、陰鬱な気分で席についた。

企画趣旨のプレゼンが終わり、
開口一番飛んでくる意見。


「運営スタッフは祭りを運営する組織、ハード面を提供する裏方スタッフ。
 ダンスなんてソフト面をやるのは運営理念に反する」


出たー正論!

古来よりそもそも、正しいことなんてたいていはつまらないことなのである。
だからこそ子供の頃のピンポンダッシュや、校則破りがあれほど愉快で面白いのだ。

正論こそが人を、組織を、陳腐化するのである。

蛇足だが、ゆえに少量のセクハラ行為が組織を活性化することが
逆説的に証明される日も近いであろう(願望)。


「なんで下駄でダンスなの?意味わかんねーし」と広報局長。
面白いことにいちいち理由が必要かね…

「そんなのに手を出して、通常のタスクは回るんですか?」と渉外局長。
わざわざ「タスク」なんて横文字使うな、このエリート!

「地球感謝祭当日、運営ただでさえ人数足りないんですよねー。。それがダンスに行くと…」
と運営局長。う…確かに。。それを言われると…


侃々諤々、喧々囂々。
議論は白熱し、しかし、ネガティブな方向に収束しつつあった。

「じゃあまとめると(クドクド…)、そういうことで。。」

予定調和的に、やらない方向で話しを流されかかったとき、
俺はキレた。ロジックとか何もないけどキレた。


そもそもこんな予算もゼロで、言えばたかだか数十分のダンスをするのにこの組織は役員会の意思決定まで必要なのか、このオタンコナス!いやそれ以前に、祭りが、面白いことがやりたくて入ってきた新人のその企画を頭から潰す組織が、「日本一の祭り」なんて創れるかヴォケェェ!


メタメタな理屈をまくし立てる俺に、
マイペースな企画局長がのんびりと言った。

「そんなこと言ってもさぁ、誰が仕切って責任取るわけぇ?
 おまえだって自分の企画もあるだろぉ」

そうなのだ。

他局が比較的ヒマな夏休みも、
ブッキング作業のある企画局は案外仕事が山積みで忙しい。

まして当時、様々な本部企画が乱立し、
局長副局長ともにてんてこまいだったのだ。


しかし、そうもいっていられない。やると決めたのだ。
やると決めたら、できない理由より、できる方法を考えるのだ。


「やる。俺が責任とるよ」
「やるったって、どうやってぇ?」
「どうって…そうだなぁ。。」
「なんだ、そんなことも考えてないのかぁ」


ここまで来たら、売り言葉に買い言葉。
次の言葉で是非は決まった。





「…踊る!俺も踊る!」



−第三夜−

【前回までのあらすじ】

売り言葉に買い言葉で踊り子になってしまったマーニャオトキタは
踊れない・時間がない・彼女ができないという
三重苦に悩まされるのだが…


役員会の承認こそ取ったものの、
顔を付き合わせた我々はハタと途方にくれた。

「get up!(下駄っぷ!)」というキャッチーなコンセプトと、
「下駄でタップする」パフォーマンス内容事態には問題ない。

しかし課題を数え上げれば


1.みんな下駄を持ってない(まあこれは買えばOK)
2.踊り子が足りない(当初5名以下だった)
3.ていうか、振り付けがない


うーむ、これは困った。
オトキタ自身、よさこいのチームには所属していたものの
振り付け経験はなし。わっしょい系少女の恭子も当時踊り始めのビギナー。

振り付けがなければ、新たに踊り子を
勧誘することもままならない。


「ねえねえ、下駄でタップしようよ!」
「え、それってどんなの?!」
「(恭子がわしょわしょする)」
「きち…がい??」


お先真っ暗である。

こうした事態に直面しても、
丸顔の少女は

「大丈夫ですよーなんとかなりますからー!」

とあまり頭のよろしくない発言を繰り返していたが、
実際国民的馬鹿であることに気付くのに時間はかからなかった。
しかし、この馬鹿さ加減が後の突破口となる。

多大な不安も抱えながらも、下駄っぷだけに
注力するわけにも行かなかった俺は、ひとまず恭子と
企画局の新人たちに企画を預けて他の仕事に取り掛かっていた。


夏休みも過渡期なある日のこと。


カフェテリアに呼び出された俺は
恭子から見知らぬ人物を紹介される。

彼女の名は、さっちん。

幼少のころからダンスを修め、
有名アーティストのバックダンサー経験もある
どこぞのエセと違ってホンモノのセミプロである。


早稲田祭とさして関係もない彼女が
なんと下駄っぷのふりつけに手を貸してくれるという!
彼女曰く、そのきっかけたるや

「学館のB2で下駄履いてわしょわしょしてる集団をみて
 なんか面白そうだと思って自分から声かけた」

…ここにオトキタは

「馬鹿が馬鹿を呼ぶ」

という法則を確信するに至るのである。


ともあれ、これで役者は揃った。


振り付けの見通しがついたので、次は音決め。
試行錯誤の末、吉田兄弟の三味線が採用される。

着々と出来ていく振り付け。
当時はまだ珍しかったDVで踊りの風景を撮影し、
みんなで共有し練習に励む。

思えばこの時代にmixi動画なんてあれば、
随分とこういうのもラクだったろうに。。


企画は順調に進むかに見えた。

が、ここでオトキタは、
長期間の活動離脱を余儀なくされる。

そう、俺の2004年8月のカレンダーの
その大半が

「インド・ネパール旅行」

で埋め尽くされていたからである。
ってアンタ!

…いや別に、仕事をさぼろうとか企画を見捨てようとか、
当時の役員会に対するフラストレーション的反抗とか
そういうことじゃ決してなかったんだ!

ただ…ガンジスが…呼んでいたから。。(遠い目)


タージ・マハルで、ガンジスのほとりで、
ヒマラヤを頂くネパールの街角で。

俺は心から下駄っぷに
想いを馳せていたのだった。

ナマスカール!(わっしょーい!)(違)


−第四夜−

【前回までのあらすじ】

下駄っぷを見捨てて涅槃の地に飛び立ったオトキタは
腹を壊す、ボラれる、ガンジスに沈むと
あらん限りの天罰に見舞われるのだが…


不健康に焼けた肌とこけた頬をひっさげ
久々の練習に出た俺は、嬉しい事実を知ることになる。

なんと、出発前は片手で数えられたメンバーが
20人近くにも増えていたのだ。


後に100ハイで驚異の脚力を証明するおっとり娘、大貫。
魚介に分類されるユニークな容姿を持つ男、上島。

初対面の飲み会で泥酔、いきなり俺にタメ口を叩いてきた川田。
そして新歓合宿で雑兵に告白、当時から時の人であった氏家。(現:うじハウスさん)


等々の下駄っぷオリジナル・メンバーも、
ここですべてが集結した。

こうしてみるとみんなそこそこ祭りの中心でありながら、
誰一人役員にならなかったあたりとことん
傍流の集まりだったんだなぁと思う。


残された時間はあまりなかった。
みんなメインの業務と、一応授業というものがある。

モチベーションも人それぞれ。
真面目に練習するもの。ただなんとなくいるもの。
やる気のあるもの。あまりないもの。

ただその中心にはいつも、
ガムシャラに動く恭子の姿があった。


「当日は俺が音響リアカー引きますから、任せてくださいよぉ!」
ヤクザのような風貌をしたジョーが笑う。

「オトキタさん、踊り終わったら、すぐ来て下さいね。警備、すくないんすから!」
後輩の警備スタッフたちが冗談交じりに声をかける。


踊り手以外にも、たくさんの人々に
支えられていることを強く実感する。

たかだか数十分のダンス数回だけれども、
ハード面のみの運営スタッフがソフト面に進出した意味。
いや、そんな堅苦しくなくても、


「とにかく、面白そうだからやってみよう!」


というマインドを硬直した組織に芽生えさせたことが、
この下駄っぷと、そして前年の早稲田踊りの
大きな功績だったかもしれない。


練習時間は、やっぱり足りなかった。
2007年と同様、そして同じ場所(戸山公園)で
前日夜遅くまでフォーメーションの確認をする。

真剣な表情で振り付けを叩き込む1年生の姿を
一歩距離をおいて見つめてながら


「こいつらの将来創る早稲田祭は、きっと面白いだろうな」


と、ふと思う。

明日下駄っぷが終わって一ヶ月もすれば、
幹事代として最後の早稲田祭本番。そして、引退。

後輩たちと一緒にいれる時間はもう、ない…


「オトキタさーん、最後にもう一度、通しでやりましょう!」


自分を呼ぶ声にゆっくりと立ち上がり、合流する。

先のことなど、終わることなど、
まだ考えるはずもない若い彼らの下駄の音色に、
切ない思考は中断され、消えていった。



−第五夜−

401658064_154.jpg 401658064_109.jpg 401658064_181.jpg

2004年9月20日 午後

長い長い準備期間をあざ笑うかのように
本番はあっという間に訪れ、そして一瞬で過ぎ去っていく。

この法則に例外はない。

「we! are! Getappers!」

の掛け声。歓声。笑顔。

それなりに人でにぎわった大学構内を、南門通りを、
えんじのはっぴに下駄を履いた集団が踊り舞っていく。

関係も環境も感情も
時間も場所も状況もカンケーなく


ただ、楽しい。


そう思えることがきっと大切で、
何よりかけがえのない瞬間なのだと思う。


夜にはささやかながら、いや実はささやかじゃなかったんだが、
下駄っぷの打ち上げが行われた。

密かに用意されたケーキ、花束、寄せ書き。
プレートに書かれた「愛してる」のチョコ文字。
恭子の涙。はしゃぐメンバー。

古今東西、感動の作法は変わらない。

深夜の戸山公園で我々は大いに飲み、騒いだ。
とそこに、見慣れた制服を来た、公務員の方が登場。


「はい、近所の人から通報がありました。代表者は誰かな?」


国家権力キター


一気に冷める場の雰囲気。
別の意味で泣きそうになるメンバー。

もちろん最年長者として、自ら進み出て
身分証明書を警官に渡す。


警「名前はオトキタシュン…生年月日は1983年9月21日、と。…ん??」
俺「そうなんですよ、ボク、あと1時間くらいで誕生日なんですよ!」
警「へー、そうなんだ(無視)」


この公僕、血も涙もねえ。

恩赦をまったくすることもなく、連絡先を控えて去る警官。
「何かあったら後日連絡するから」とのことだったが、
幸い連絡はなかった。ま、騒いでいただけだし…

その場にいた1年生たちの大半が
実は…であったことは公然の秘密である。

場所をわっしょいに移し、朝まで続く宴。
その過程で俺は21歳の誕生を迎えるが、
その時にはすでに大半のメンバーが潰れていた(死)


初代下駄っぷはこうして、早稲田祭2004に至る過程の中で、
静かにその役目を終えて収束した。

メンバーの中にはこれがきっかけで親友になったもの、
踊りに目覚めて踊り侍に入ったものなど様々いたが、
「下駄っぷ」それ自体はその後意識されることもなく、やがて忘れられていく。

はずだった。


−−−


2006年3月25日 卒業式当日
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=107988142&owner_id=129150

早稲田祭運営スタッフによる追い出しコンパ。
一次会が終わったロータリーで、それはあまりにも不意打ちだった。

突如、はっぴと下駄をつけて集まる、初代下駄っぷメンバー。
2年前になんども練習した、サビの部分の振り付けが眼前で行われる。
差し出されるチョコレートケーキ。


「オトキタさん、卒業おめでとうございます!」
「下駄っぷ、本当にありがとうございました!」
「忘れません!絶対に忘れません!」


不覚にも、涙が出そうになる。
俺は差し出されたたケーキに思い切り、自分の顔を突っ込んだ。

そして目の前にいた氏家の顔面に、思い切りケーキをたたきつける。
照れ屋だった俺の、精一杯の愛情表現。


代表にも役員にもなれなかったけれど。
大きなことは何一つできなかったけれど。

もっとも後輩から愛された先輩だったと
誇りに思えるのは、あなたたちのおかげだったと思います。

この場で今一度、どうもありがとう。



きっかけは、丸顔の少女の衝動で。
早稲田祭に至るまでの、ほんの小さな遊び心。

些細な絆かもしれないけど、きっと俺たちは
下駄の音色でいつだって戻れる。


うだるように熱かったあの日々と
確かにそこにあった、紺碧の空へ。



-エピローグ-


2007年 夏

社会人になって、1年半が過ぎた。

早稲田に引っ越してきた俺は、大隈講堂に、
街に溢れる学生たちに、懐かしい日々を重ねながら
あの頃とはまったく違う毎日を過ごしている。

それなりに日々は楽しいけど、何か物足りない。
熱さが、熱気が、熱量が足りない。

そんな退屈な日々をぶち壊したのは、
やっぱり、丸顔の少女からの連絡だった。


「早稲田祭で、下駄っぷ踊ります!一緒に踊りませんか?!」


(完)
posted by おときたしゅん。 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

42.195 〜東京マラソン2008始末〜

「翌日、会社に行くまでが(社会人の)マラソンです」

とはよく言ったもので(誰が?)、
這いつくばって勤務してきたオトキタです。水戸に出張ってアンタ。


mixiマラソンリアルタイム更新にたくさんのコメント、
ほんとーにありがとうございました!

さあさあそういうわけで、興奮冷めやらぬうちに
東京マラソンの備忘録をしたためたいと思います!
長いですよー、マラソン並に!

興味ある方だけお先にどーぞ。
途中リタイアは禁止だぜっ!


−−−


【前日】


「何かネタを仕込まないと」

というプレッシャーは感じつつも、日々の仕事と
トレーニングで結局何も考え付かずあっという間に前日夕方。

家に遊びにきた専属トレーナー・佐多や杉山たちと
何をしたら面白いかに頭を悩ます。ここで、

「往復するところの往路でガンプラの箱渡して、
 復路戻ってきたところで完成してたら絵的においしい」

というフラッシュアイディアが降臨。
※「ガンプラ」=ガンダムのプラモデル


最初は受け取りと完成の映像だけ撮ってつなぎ合わせる
完全なヤラセ企画のつもりで話しを進めていたのだが、

「どうせやるなら、本気でスタートからゴールまでで
 組み立てた方が面白くない?ていうか伝説でしょ!」

という(自分の)余計な一言で、完全なガチ企画に変貌。
いい加減、物事を面白いか否かで判断するのはおやめいただきたい>俺


ちなみにその他、没になった企画群はコチラ↓

・ほんとのチャリティーマラソン

募金箱を持ち、沿道の観衆から募金を募りながら走る
→金銭授受が大会規定に触れそうなので没

・生命の神秘マラソン

卵を持って温めながら走り、途中で孵化させてひよこと共にゴール
→絶対に孵化しないので没

・丸出しマラソン

チンk
→人道にもとるので没


後輩に急遽ガンプラを買ってくるように指示、
彼が抱えてきたお題は↓

ガンダーム.jpg

「ストライクフリーダムガンダム MG」

が、ガチ過ぎる…
ちなみにガンプラにはHGやMGなどのグレードがあり、
MGはパーツも細かく作成に超時間がかかります。


部品をイチからすべて走行中に組み立てるのは
現実的に不可能なので、主要パーツを予め作っておき
走行中に合体させてゴール地点までの完成を目指すことに。

ガンダム作成中.jpg

《マラソン前日とは思えないの図》

家にいるメンバー全員で組み立て作業。
一人で作れば一晩かかるプラモに挑む。


なおこの時、夕方くらいまで

「3時間台を目指しましょう!プラン作ってみました!」

などと誰よりも張り切っていた専属トレーナー・佐多秀介(元陸上部)は、
「アッー!!フラれたー!!」の一言を境に完全に無気力なお荷物と化し、
プラモ作りを横目に見ながら深酒、翌日応援にすらこなかった。死んでしまえ。


結局、プラモが現実的なラインまで完成したのは
深夜の1時過ぎ。翌日は5時起床、つまり睡眠時間4時間以下が確定。

こんな馬鹿なランナーが、未だかつて存在したのだろうか…
果てしなく疑問が渦巻く中、とりあえず就寝。


【集合地点〜START】


時計を忘れて家にタクシーで取りに帰るなどのありがち(?!)な
凡ミスをかましつつ、新宿駅で同じくランナーの菅さんと合流(am7:00)。

本気で準備をしている周囲のランナーに囲まれると、
はっぴ姿でガンプラのパーツが入った巨大ウエストポーチを装備している
自分の姿が完全に浮いていることに気づく。

今回のマラソンのテーマである

「無理せず、無茶せず、ガンプラ作る」

を確認しながら準備運動に励むも、
プラモデルを作ることがすでに無理で無茶だという驚愕の事実。
誰か止めてくれ。


スタートの待ち時間が1時間以上あり、この寒さが最初の難関。
あまりの気温の低さに、陽射しが出るとランナーから歓声が上がるほど。

暇潰しに携帯でメールを送ったり、mixiを見て緊張をほぐしていると
いよいよスタートの時間が迫る…


【START〜5キロ】


スタート位置がA〜Iまであり、自分の地点はH(後ろから二番目)
だったため、スタートテープを切ったのはなんとスタートから10分後!

最初の方はペースが作れないと聞いてはいたが、あまりの人ごみのため
小走り程度のかなりチンタラしたペースで新宿界隈を駆け抜ける。

しかし、歌舞伎町前の靖国通りを大勢のランナーが
駆け抜けていく光景は圧巻。これだけで参加した価値があったと思う。

目標タイムは5時間以内に設定。後半ペースが落ちることを考え、
1キロあたり5分半以内を目安に走っていくことを決める。

人ごみを掻き分け、ペースを作りながら走っていく。


【5キロ〜10キロ】


ようやく人ごみが緩和されてくる。

何せタイムを計りながら走ったことがない(!)ので、
「ペースメーカーが欲しいなぁ…」と思い、自分と同じくらいの
ペースで走ってそうな人をキョロキョロと探す。

とそこで、明らかに陸上経験者な雰囲気かつ容姿端麗、
しかもホットパンツをはいた麗しき女性を発見!
彼女の太腿を眺め続けて完走をすることを即座に決意。


かなり快調なペースで飛ばす彼女。飛び散る汗、揺れる太腿。
おいおい、ちょっとオーバーペースなんじゃないの?ひょっとして途中でご休憩か?!

などと妄想を膨らませていると、なんと10キロ地点で
彼女がコースアウトをしていくではないかっ!

…どうやら10キロの部の参加者だったらしい。早いわけだよそりゃ。。
うーらーぎーりーもーのー(おまえは誰だ)


魅惑の太腿とペースメーカーに別れを告げ、
日比谷公園を横目に再び孤独なレースがスタート。


【10キロ〜20キロ】


まだまだ脚力に余裕もあり、
景色を楽しんでいた区間。

ただし、『はっぴ』という着衣が

「空気抵抗受けまくり、すぐずれる、そして暑い」

という欠陥ウェアであることが徐々に負担になってくる。
そしてガンダムのパーツが入ったポーチも非常に邪魔。


20キロ手前くらいで東国原知事と併走。
なんと会話にも成功しました!

会話内容↓

俺「知事、僕、早稲田です!早稲田祭2002ではお世話になりましたっ!」
東「ああ、どうもっ!(必死)」

…どうやら余裕はないらしい。


ややペースの遅い上取り巻きが厄介な知事をかわし、
銀座を通過してコースは一路浅草方面へ。


【20キロ〜30キロ】


練習で一度も走ったことのない距離に突入。
身体と脳は正直で、

「もう終わりですよ!走るのをやめましょう!」

というサインを全力で出してくる。
本能を押さえ込みながらひたすらラン。
太腿の裏側あたりに鈍い痛みを感じ始める。


25キロ過ぎで前を走っていた菅さんをかわす。
このあたりから

「1キロってこんなに長かったっけ?!」

と思うようになる。
沿道から『あと15キロっ!』って言われて逆にヘコんだり。

はっぴ姿で浅草走ったらテンションあがるだろーなー、
なんて思ってたけど、雷門付近ですでにその余裕はなかった。

コースは折り返し、再び銀座方面へ。
この「往復」が地味にきつい…


【30キロ〜35キロ】


ぶっちゃけ、マラソンなめてた


左手に握り締めたガンプラと、パーツの入ったポーチが
完全に走行の負担になる。まあ、最初から余分だったのだが…

パーツを組み立てるのが嫌で嫌でたまらず、
部品をポーチから取り出そうとする度に

「よし、ポーチから部品を出す!出すぞー!!
 そして組み立てるっ!!付けるんだー!!!」

と念じまくらないと手が動かない状態に。

そこまでして作っているものが芸術作品でも稀代のアートでもなんでもなく、
単なるガンプラという事実を僕はどうしたらいいのか…と自問自答し激しく鬱に。


しかしここまでは、なんだかんだで余裕があった。
沿道の観衆にガンプラを見せびらかすこともできた。
ていうか、そうしないと気づいてもらえなかった。

「魔の35キロ」
「人間の限界は35キロ」
「35キロからが本当のマラソン」

などと称される35キロ地点。
その恐ろしさをわが身をもって体験するとは…

絶望の宴はここから始まる。


【35キロ〜40キロ】


35キロ付近で発見した倉石らの応援団と話そうと
減速した瞬間、下半身に激しい違和感。嫌な予感が頭をよぎる。

下半身の痛みともあいまって、意識が朦朧としてくる。
これはほんと、35キロで突然襲ってきた。

ここで

「運動の真っ最中なのに、お腹が減ってどうしようもなくなる」

という、100ハイですら経験したことのない極限状態に。
身体が切実にエネルギーを欲しているのをビンビン感じる。
ある程度想定してたとはいえ、ペースも急激にダウン。


今まで飲みすぎないようにしていた給水もここからはガブ飲み。
そして本気でありがたかったのが、給水や配給ポイント以外で
食べ物を配ってくれる沿道の一般観衆のみなさま。

特に37キロ付近でおにぎりとみそ汁を差し出してくれた人、
みかんをむいて渡してくれた人には、感謝をしても仕切れない。
あれ、なければ本気で死んでました。この場を借りて、ありがとうございました。


そして38キロ付近で現れる、地獄の上り坂!
見た時の絶望感は、とても言葉では言い表せない。

果てしなく見える登り道。力なく歩く人の群れ。
その光景たるや、まさに死者の行進。ゾンビーのパレード。
レミングスだと思うとちょっと面白いが、それどころではない。


この上り坂で左足に突然の痙攣が起こり、
周りの人が歩いたり止まったりしていることも相まって
激しく歩いて休みたい衝動に駆られる。

しかし、

『どんなにゆっくりでも走り続ける。絶対に歩かない、止まらない』

というのが事前に真面目に決めていた、たった一つのルール。
(ぶっちゃけガンプラとかは最悪放棄してもいいと思ってた)

「まだ3時間台だ。今からゆっくり歩いたってどう転んでも
 4時間半でゴール出来るぞ。さあ歩け、休め!さあさあ!!」

という心の誘惑とまさしく死闘を繰り広げていると、
上り坂はやがて下り坂に。いよいよ、ラスト2キロの看板が見えてきた。


【40キロ〜GOAL!】


41キロ地点で、左足が再び痙攣、そして完全につる。
ここまできて、嘘だろっ?!と思わず声に出して叫ぶ。

「動けっ!動けよっ!!」

とガンプラを握り締めた左手で、
がむしゃらに左足を殴り続ける。

すると、なんとっ!



ガンダムの腕がもげた!(死)



ま、それだけ激しくすりゃそうなんだけど。。
拾いにいく余裕はとてもなく呆然としていると、
奇跡的にも左足に感覚が戻ってくる。いけるっ、これはいけるぞ!

俺の左足の代わりにガンダムの腕が犠牲になってくれた、
とか美談っぽく考えてみるも、そもそもガンダムを作ってなければ
脚にそんな負担はなかったんじゃないだろうか…

明らかにローペースになりながらもゴールを目指し、
最後、大観衆が見守る中ラストの直線。


ここでもー、てんやわんや。まず最後のパーツをつけてたら
ガンダムのもう一本の手がもげる。もうこれはあきらめるも、
気づいたら携帯電話がない!パーツ出すときに落とした?!

引き返さざる得ないと思って振り向くと、
なんと後ろを走る人が拾ってくれてた!あなたが神かっ?!

そうこうしてたらもうゴールは目前。
カメラがあるぞ、どうする!とりあえず万歳だ、そして叫べ!
えーと、えーと、、


ガンダーム!!


違うだろ。


完走タイム.jpg

この時計の時間、
いまだに名残惜しくて消せません。

ガンプラと完走.jpg

《完走、そして完成》

−−−


とゆーことで以上、
初マラソン挑戦記録文でした。

まあ普通の人はガンプラ作ったりしないので、
参考にはならないと思いますが…マラソン挑戦を考えている方に
少しでもこのつらさ(と楽しさ)が伝われば幸いです。


タイムを計るなどの練習らしい練習を一切せず、
mixi更新+ガンプラ+はっぴというハンディでこのタイムは
もう予想外で満足の一言。

欲を言えば4時間きりたかったけど、
ハンディがなければ絶対行けたな。


ちなみにウェブサイト速報記録での
5キロ毎のラップタイムはこちら↓

0〜 5キロ 43:57
5〜10キロ 27:01
10〜15キロ 26:09
15〜20キロ 27:12
20〜25キロ 27:11
25〜30キロ 28:18
30〜35キロ 30:11
35〜40キロ 33:16
40〜42.195キロ 14:32

TOTAL 4:17:47

最初の5キロはスタートまでの待ち時間10分強が入ってるので、
公式タイムでは考慮されるはず。はず。

序盤の人ごみでペースが作れなかったのと、
30キロ以降のあからさまなペースダウンが見てとれますな。
それ以外は1キロ5分半くらいでいい感じに走れてるのでは。


「100キロハイクとフルマラソン、どっちがつらい?」

と誰しもが考えると思いますが、多分フルマラソン。
100ハイは痛みだけに耐えれば物理的にリタイアは回避できるけど、
マラソンは痙攣や脱水症状に襲われるプレッシャーが本当に怖い。

完走だけなら100キロハイカーには楽勝だと思いますが、
4時間なり5時間で走ろうとすれば、まったく別の競技と考えるべきかと。

ただ時間の分、足への蓄積ダメージは100ハイのがでかいので、
トータルで考えればどっちもどっちなんだけどね。


ともあれ、ほぼ素人の自分がこんな好タイムで完走できたのも、
本当に沿道で応援してくれた観衆とその声援のおかげ。

なんて奇麗事を言うつもりはなかったんだけど、マジでそう。
はっぴなんて超走りづらくて、おとなしくWASEDA125のブレーカーに
しとけばよかったと途中で後悔しまくったけど、1キロ毎くらいに受ける

「早稲田、がんばれ!」「早稲田祭!!」

という声援が、どれほど励みになったことか。
まあこの辺は、大学にも間接的に感謝。

そして実際に応援してくれた杉山、植松、倉石、ガンプラ協力の川野とカルピス、
ゴール後のジョンと諸藤、一緒に走った菅さん、勇気をどうもありがとう。
って、本当に男ばっかだなオイ!そして佐多は死ね!


あと、ガンプラは難易度高いわりに地味すぎて
ほとんどの観衆が気づいてくれなかったので、
企画としては失敗だったと思いました。

ネタをするときは何事も、見栄え重視でいきましょう。
やっぱり仮装が一番おいしいのよね。


最後に。

mixiフォトアルバムと↓
http://mixi.jp/view_album.pl?id=11255517

このサイトでなんと、オトキタのゴールシーンが見れます!↓
http://www.ntv.co.jp/tokyomarathon/goalmovie/

ゼッケン番号に「40454」と入力し、
右側のゲートをクリックして見て下さい。

ガンプラのパーツ落として引き返して拾ってたり、
よく耳をすますと「ガンダーム!」って叫んでいる
面白動画となっておりますので。うーん、馬鹿。



なんだかんだと、とてつもなく印象的だった初マラソン。
生まれた土地を、眺めて育ってきた街並みを、
横目に見ながら走れるこの快感。

願わくば、近い将来また、
あの脅威の抽選倍率を突破できることを。


でも、





二度とネタはやんない。
posted by おときたしゅん。 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。